×

施設情報

information

鴨川地区

鴨川市の中心地。前原海岸はサーフィンのメッカとしても有名。商業施設なども多く集まっている地区で,お買物にも便利です。

タイトル画像

歴史文化

薬王院

真言宗智山派、長狭観音霊場2番

タイトル画像
タイトル画像

このページへのお問い合わせ

電話電話でお問い合わせ

薬王院

電話番号:04-7092-2948

場所

最寄り駅:駅

MAPはこちら
画像

薬王院本堂欄間 「竜虎の図」 安永9年(1780)製作

竜と虎がにらみ合い、まさに跳びかかろうと身構えている竜虎の図です。現在確認されている伊八の作では、竜虎の図はこの薬王院の作例以外にはありません。彩色が施されているためか、一見して豪華な印象を受けますが、 実は色が塗られている部分は、虎と竜の体に限定されています。特に虎の体には、立体感を損なわない効果的な彩色が施されていることが認められます。竜と虎の他にも、梅の枝や雲、笹などが前後に幾層にも重ねて巧みに彫り出されていることを眺めるだけでも、いかに29歳の伊八が既に高度な技術を体得していたたが実感されます。こうした様々なモチーフが積み重ねられることによって、欄間の中の空間に実際の木材の厚み以上の奥ゆき、深さを見る者に感じさせるのが、伊八の作品の大きな魅力のひとつです。

画像

由緒が書いてある看板

伊八作品

龍虎の勝負(初代・伊八29才の作品)

真言宗慈永山薬王院は、奈良時代天平年間(729〜749)に、行基菩薩(東大寺建立に尽力した渡来人の僧)の開基といわれる。薬王院本堂は宝暦14年2月(1764)に上棟、その後、安永9年(1780)に29才の伊八が製作した竜虎の図の欄間が飾られた。それ以来、その欄間周囲の空間はほぼそのままの状態で維持されている。限定された箇所でありながらも効果的な彩色が施され、全体に豪華な印象を高めている。力が拮抗する竜と虎が互いににらみ合う緊張感が全体に漲っている。一枚のクスから実に様々なものが彫り出されていることに驚かされる。

住所 鴨川市 粟斗179-1
TEL 04-7092-2948

このページへのお問い合わせ

電話

薬王院

電話番号:04-7092-2948

スマホ版はこちら