×

施設情報

information

天津小湊地区

蒼い海と山に囲まれた街。日蓮聖人生誕の地として知られ,漁港にも近く旬の新鮮な海産物を食べることができます。夕方にはすばらしい夕日を拝めます。

HOME 施設情報 天津神明宮
タイトル画像

歴史文化

神社

天津神明宮

源頼朝公が伊勢の大神様を勧請した、約八百余年の歴史を誇る神社

鎮守の杜たたえる癒しのスポット

タイトル画像

駐車場有(無料)

タイトル画像

社務所ではお茶をお出ししています。お気軽にお立ち寄りください。

このページへのお問い合わせ

電話電話でお問い合わせ

天津神明宮

電話番号:04-7094-0323

ウェブWEBサイトはこちら

場所

最寄り駅:安房小湊駅

JR外房線安房小湊駅よりバス5分「神明神社前下車」

[駐車場:普通]

20台

[駐車場:大型]

5台

MAPはこちら
画像

天津神明宮 御正殿

主祭神である、天照皇大御神、豊受大神、八重事代主神がまつられています。

画像

まるばちしゃの木

県指定天然記念物「まるばちしゃの木」です。亜熱帯性の珍樹で、当社が北限であるとされています。

画像

「まるばちしゃの木」の花

6月頃、まるばちしゃの木の花が咲きます。

画像

御神水

境内向かって右奥には「御神水」があります。多くの方が「御神水」をいただきにお参りされています。

おすすめコメント

御祭神に天照大神・豊受大神・えびす様をおまつりする神社です。県内外からも多数の参拝客が訪れます。

往古、八重事代主神が、天孫に国譲りの後当初に来られ永く鎮まり給うたので、住民は庤(もうけ)大明神と尊敬したという。後、治承4年源頼朝が石橋山の戦に敗れ安房の地に逃れ、源家再興を伊勢神宮に祈願し、宿願成就すれば当国中に御厨一処を寄進することを祈誓した。寿永3年安房国東条郷に御厨を新設して宿願を果たし、現在地に社殿を建て伊勢より奉迎した神霊と庤大神とを合祀した。安房の国東条の厨また天津厨と称した。明治14年9月19日、郷社に列せられた。

ご祭神:天照皇大神(アマテラススメオオミカミ) 豊受比賣神(トヨウケヒメノカミ) 八重事代主神(ヤエコトシロヌシノカミ) 大山祇大神(オオヤマツミノオオカミ) 木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト) 他六柱

文化財指定等

県指定天然記念物(まるばちしゃの木) 日蓮の川向御曼荼羅

住所 鴨川市 天津2954
TEL 04-7094-0323
FAX 04-7094-0343
アクセス

JR外房線安房小湊駅よりバス5分「神明神社前下車」

営業時間 9:00〜16:00(御祈祷受付)
パーキング [駐車場:普通]20台 [駐車場:大型]5台

このページへのお問い合わせ

電話

天津神明宮

電話番号:04-7094-0323

ウェブ

スマホ版はこちら