かもがわナビ|南房総 鴨川市のすべてを見る!探す!わかる!

かもがわナビロゴ

かもがわナビ検索!

カモ旅
イベントカレンダー
ふるさと納税 鴨川百選 おらが丼 鴨川体験パンフレット 小湊グラウンド・ゴルフpdf

当日のご利用予約に関しては状況により、お受け出来ない場合がございますのでご了承ください。

ふるさと納税 鴨川百選 おらが丼 鴨川ガイド協会 鴨川体験パンフレット 小湊グラウンド・ゴルフpdf

当日のご利用予約に関しては状況により、お受け出来ない場合がございますのでご了承ください。

ホット☆イベント

 
[その他] 安房・今 ここから 未来へフォーラム
全域・市外
この企画は、3月11日、あの震災を発端にしています。
安房平和映画祭を開催してきたメンバーで話し合いました。通常開催するのではなく、個人の生き方、家族のあり方、地域での暮らし方、社会のしくみ・・・。それを映画だけでなく、今この地に生きて暮らしている人が何を感じ何を考えているのかをシェアーする日にしては、どうか?

人は人と関わって生きることでしか、生きていくことはできない。それを地震によって再認識したとき、もう一度この安房での暮らしを見つめ直し、どんな困難も共に乗り越えられる絆で結ばれている地域になれないだろうかと思いました。

そのためには、わかっているようで気づいてない地元のよさを発見したい。地域のさまざまな活動をしている人たちを知り、集い、つながりたい。そしてめざすこれからの安房地域のあり方を一緒に語り合いたい。今、ここから未来を一緒につくりだそう。そんな、突き上げる想いからです。

また、社会実験として参加費は、変則的な使い方ではありますが、会場内のみ当日のみ有効の安房マネーを導入しました。円を一度、安房マネー事務局のご協力によるフォーラム用安房マネー紙幣”安房”に両替をして用います。
 
一方的に誰かが語るのではなく、パネリストも参加者も大いに意見交換しあう時間をつくっています。どうぞ多くの方のご参加をお待ちしています。

【フォーラム内容】

12/10(土)Day1 まずは地域から、もうひとつの世界は可能だ!

★フォーラム1 13時~17時 [ メディアは地域でつくるもの ] 参加費 2000安房
早川由美子さんをお招きして「さようならUR」の上映と自ら情報を発信していく方法を学ぶワークショップ!自分のメディアを作ることを学び、、地域のメッセージを発信しましょう。

[早川由美子・1975年東京都出身。公務員、会社員を経て2007年に渡英。ロンドンでジャーナリズムを学ぶ傍ら、独学で映像制作を開始。イギリスの平和活動家Brian Hawを記録した初監督作品『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1』は、2009年度日本ジャーナリスト会議・黒田清JCJ新人賞を受賞。『さようならUR』は2作目(山形国際ドキュメンタリー映画祭スカパー!IDEHA賞を受賞)。]

★フォーラム2 17時半~20時半 [ もうひとつの世界を地域から、大切なのは生命。] 参加費 1000安房
本年7月に監督フランクリン・ロペス自ら来日し話題となった映画「END:CIV」と、宮沢賢治「夜たかの星」を幻想的な切り絵アニメーションで映像化した海津研監督による「よたか」の上映と、真魚長明さんによる、房総半島における自然保護運動、アドボガシー(政策提言)についてのトークを行います。

12/11(日)Day2  いのちを真ん中に つながろうこころ、つなげよう人のわ

★フォーラム3 10時半~12時 [ 地域の中で障がい者と共に生きていく ] 参加費 500安房
あわ発達障害児応援団「たからばこ」の代表武田由美さんをはじめメンバーの方々から活動の様子や障害のある子どもの親としての苦悩や喜びなど体験談を聞きます。それをうけて地域の中で障がいを持つ人たちと共に生きていくための社会のあり方について会場のみなさんと意見交換をします。

(あわ発達障害児応援団「たからばこ」・・・安房地域で自閉症や学習障害などの発達障害を持つ子ども達の抱える困難と彼らの世界の素晴らしさと彼らが、自分らしく生きられる社会を作るための活動をしている団体)

★フォーラム4 13時~14時半 [ 3・11震災後の新しい地域づくり相互援助と地域通 ] 参加費 500安房
石巻で震災ボランティアをした前田敬公さん、被災者の受け入れをしている大山支援村事務局のクリス・ハリントンさん、地域通貨「安房マネー」三芳窓口の白川牧子さんをパネリストに迎えます。
 震災ボランティア経験から見えたこれからの新しい地域づくりのあり方を一緒に考えましょう。そのなかで普段から地域の中でつながり合う関係性をつくり、貨幣経済に頼なくてもよい地域通貨「安房マネー」の役割の重要性についても話し合います。

★フォーラム5  15時~16時半 [ 子育ては地域づくりから]  参加費 100安房
2011年7月に「うまれる」自主上映会を主催した安房「うまれる」実行委員会を中心に、子育てのバリアフリーを目指し、地域での子育てを考え活動しています!「子育ては、安房の未来の姿につながっていく」ことを考えたことがありますか?

「子育て? 自分には関係ない!」と思っていませんか?今、この地域に暮らしている私たちは、将来この安房の地域を担う子どもたちと一緒に生きています。多くの皆さんと一緒に、自然豊かな魅力ある安房の地域を育むための「子育てトーク」を話し合っていきましょう。

★フォーラム6  17時~19時 [ 安房の今、ここから未来を考えるワークショップ] 参加費 500安房
フォーラムの締めくくり、安房地域が今、どうなのかを話し合います。全員が発言し全員が聞き役になる共有感や新しい発見を産みだす楽しいワークショップです。
好きなところ、ちょっと嫌なところを参加者全員で出し合います。ある人には好きな面もある人にとってはマイナスの面となることもあるでしょう。その意見の違いも発見の一つ。否定されず感じたままを自由に話あえる安全な場で今を再認識して共有し合い、そこから見えてくる安房地域のこれからを一緒に創り出す第一歩になればと思います。

★参加費について(安房マネーの使い方)
今回のフォーラムでは、安房地域の地域通貨「安房マネー」を試験的に用いて開催します。会場受付にて一度“1,000円”を“1,000安房”に両替をしていただきます。それを参加費や販売物に使います。但し会場内のみの流通です。使い切れなかった通貨は、現金には返金しませんので、ご了承ください。
 
開催日時 2011年12月10日(土) ~2011年12月11日(日)
10(土) 13:00~20:30 / 11(日) 10:30~19:00
開催場所 南総文化ホール
アクセス JR内房線・館山駅より徒歩20分
問合せ先
同フォーラム実行委員会 ハセガワ
 
TEL 090-5429-2688
参考ホームページ http://www.animismonline.com/2011/11/post_353.html
 

─ イベント情報はありません ─