東日本大震災復興支援特別サイト / 鴨川ポータルサイト かもがわナビ(KamoNavi) / 被災者受入、救援物資募集

東日本大震災復興支援特別サイト / 鴨川ポータルサイト かもがわナビ(KamoNavi)


<<< 特別サイトトップページ
- ご注意 -
各支援活動(被災者受入、救援物資募集、ボランティア募集など)へのお問合せは各活動の主催団体に直接お問合せください。
[被災者受入] 南房総地域における東日本大震災の被災者の受け入れ
- 複数域・全域 | 2011年3月27日 [提供者] かもナビ実行委員会 岡野
■ 主催団体 お問合せ先
鴨川市包括支援センター
千葉県
TEL : 04-7093-7111



南房総地域における東日本大震災の被災者の受け入れについて


今回の東日本大震災の被災者の方々が、ふるさと復興までの間、より健康で、安全な生活環境で過ごしていただくために、南房総市、鴨川市では、南房総地域の行政、医療機関、介護事業者、社会福祉協議会、旅館組合等が協力して、医療、介護の整った避難先を用意する事となりました。
 
南房総市、および鴨川市は千葉県の南端に位置する、風光明媚な土地です。気候は温暖で、漁業と農業、観光、医療が主な産業です。

この南房総地域は全国でも有数の医療環境、介護環境が整っていると自負しております。安房医師会会員の医療機関をはじめ、在宅医療、家庭医療、緩和医療の専門家が数多くおります。総合病院を例に挙げると、亀田総合病院(900床)、安房地域医療センター(149床)、館山病院(208床)、鴨川市立国保病院(70床)、南房総市立富山国保病院(51床)などがあり、在宅医療や介護の事業所も活発に活動しております。今回の被災者の皆様の受け入れに際しては、安房医師会のサポートを受け、地域の医療介護関係者有志が組織した「安房医療介護福祉連携・東日本大震災支援の会」(略称:AWA311−MCW)にも、全面的に協力をいただけることになっています。

在宅療養をされていた要介護状態の方とそのご家族を、要介護の程度に関わらず積極的に受け入れていきたいと考えております。また乳幼児を抱えたご家族や健康に不安のある方など、被災地の域外での生活を希望される方がいらっしゃれば、ご相談に乗れます。同一地区から避難されてこられた方はできるだけ分散せず、同一地区の旅館などに避難できるよう配慮いたします。

住み慣れたふるさとを離れられる事は、断腸の思いかと存じますが、復興までのしばらくの間、皆様に少しの安心をこの南房総の地で届けられる事を心から望んでおります。

*受け入れ費用等
滞在費・食費:原則無料(予定)
期 間:被災地での住居、医療などがある程度復興するまで
移 送:必要があれば、送迎の体制を整えます

*問い合わせ窓口
南房総市被災者支援本部:電話 0470-33-1011 西田
鴨川市包括支援センター:電話 04-7093-7111 鈴木・小坂