かもがわナビ|南房総 鴨川市のすべてを見る!探す!わかる!

かもがわナビロゴ

かもがわナビ検索!

カモ旅
イベントカレンダー
ふるさと納税 鴨川百選 おらが丼 鴨川ガイド協会 鴨川体験パンフレット 小湊グラウンド・ゴルフpdf

当日のご利用予約に関しては状況により、お受け出来ない場合がございますのでご了承ください。

ふるさと納税 鴨川百選 おらが丼 鴨川ガイド協会 鴨川体験パンフレット 小湊グラウンド・ゴルフpdf

当日のご利用予約に関しては状況により、お受け出来ない場合がございますのでご了承ください。

かもがわマガジン / かもがわポータルマガジン KamoZine は2009年夏に創刊した,新感覚のフリーペーパーです。鴨川の旬な情報をよりおもしろくより楽しくお伝えしていきます。

 
[イベント] 【かも秋号】鴨川合同祭 9/12・13日
鴨川地区 | 大浦 八雲神社 | 2009年9月1日 2面 -
 鴨川合同祭は旧鴨川地区の「大浦・八雲、白幡、日枝、熊野、諏訪、横渚・八雲、八幡」の七神社が合同に行うもので、神輿7基、山車3台、屋台4台、担ぎ屋台1台が繰り出される市域最大のお祭りです。
 木遣り・甚句を唄いながら揉んだり、差し上げたりする地域独特の勇壮な神輿の担ぎ方と、平成4年に鴨川市無形民俗文化財に指定された大浦・八雲神社の「担ぎ屋台」の巡行は外房の荒波を表した荒々しく激しい担ぎ方で見物客の喝采を浴びています。
 山王講(日枝神社)と諏訪講(諏訪神社)の2台の山車は江戸時代に神田祭の山車として江戸天下祭に参加し、江戸城内に入り徳川将軍の上覧を受けた江戸山車です。諏訪講の山車人形は二体あり、それぞれ神田祭の五番山車「神功皇后」と三十六番山車「源頼義」として天下祭で活躍していました。

■大浦の担ぎ屋台(市指定無形民俗文化財) 
 文安期(1444~1448)、当地の漁師たちは紀州からの漁法「まかせ網」を導入し、次第に繁栄しながら漁業を営んでいましたが、荒れ狂う大洋での操業は過酷なもので、まさに命懸けでした。そこで、大漁満足、海上安全、さらには自らの無病息災と家族の安泰を祈り、その海のようすを表現しようと祭礼において創作されたのが「担ぎ屋台」です。天保4年(1833)に漁業の守り神、厳島神社(弁財天)の祭礼の際、初めて披露され、現在に至っています。
 「担ぎ屋台」は見事に波間に浮かぶ小舟を表しています。屋台は舟、担ぎ手は海そのもの、三本の棒は波であり、笛や太鼓は漁師の喜怒哀楽を表します。「担ぎ屋台」の巡行は非常に不安定で、激しく揺すって担いだりするため、傾いたり、我慢できずに地面に落とされることもあります。屋台には太鼓一人、小太鼓二人、笛吹き一人(現在、笛吹きは下に降りて吹いています)が乗り、にぎやかな囃子を演奏していますが、たとえ、屋台が傾いたり、落とされても演奏を止めることがないよう指導され、みな太鼓にしがみついたりしながら、夢中になって演奏し続けます。
 大漁を祈り巡行する担ぎ屋台は全国的にも珍しく、最終日、大浦・八雲神社の坂道を木遣りを唄いながら、ゆっくりと登っていき屋台を納め、お祭りは結ばれます。
諏訪講の山車
諏訪講の山車
八雲神社の担ぎ屋台
八雲神社の担ぎ屋台
日枝神社の神輿
日枝神社の神輿

[特集] KamoZineかも夏号2015(通算第19号)(2015/5/1)
[ニュース] 【かも春18号】五千本の梅園づくりにご協力を 鴨川梅の里友の会 会員募集中(2015/1/1)
[イベント] 【かも春18号】菜な畑ロード 2015(2015/1/1)
[イベント] 【かも春18号】Kamogawa旅日記 「かもレポ」募集(2015/1/1)
[特集] 【かも春18号】発掘!鴨川の郷土料理─ ③ 農家民泊「御山王」でみかんゼリー作り体験(2015/1/1)
[ニュース] 【かも春18号】日本牛乳食文化の夜明けに迫る 嶺岡牧レポート鴨川のアンコールワット⑪(2015/1/1)
[特集] 【かも春18号】酪農体験を通して知る鴨川の魅力 (2015/1/1)
[特集] 【かも春18号】“鴨川の誇る美味しい味”の伝道師 プロジェクト鴨川味の方舟(2015/1/1)
[ニュース] 【かも春18号】伊八ニュース vol.10 伊八かたぎでまちづくり 18日は『伊八の日』! 皆で伊八を盛り上げよう!!(2015/1/1)
[見どころ] 【かも春18号】鴨川のむかし話 ⑫ 竜光山にまつわる話(2015/1/1)